動画配信サービスの登録と解約の方法、仕方、やり方!!

Huluで無料期間の2回目を受ける裏ワザではない正当法

Hulu(フールー)の無料期間って2週間でとても短いと思いませんか?他の動画配信サービスが1ヵ月もある中、Huluだけ14日と少し物足りなさを感じる方も多いでしょう。

 

そんな状態でいると、「無料トライアルを2回目を受けれますよ〜」「無料キャンペーンを何度でも受けれる裏ワザ!!」「無料トライアルで見続ける方法」といった甘い言葉に釣られてしまうかと思います。

 

で・す・が

 

 

こちらのブログでは、そんな甘い言葉ではなくもっと堅実な正当な手段を用いての、無料期間の上手な使い方を解説しております。

 

そこまで言われると、裏ワザ的に取り上げられている方法は、違法的なもので正当な方法ではないの?と疑問に思うかと思います!

 

そこで、まずはよくネット上で見かける裏ワザ的な方法について解説したいと思います!それらを踏まえた上で正当法を3つ紹介しますので、参考にしてみてください。

無料期間を2度受ける裏ワザとは

パソコン

 

「当サイトでは、Huluの無料キャンペーンを一回だけでなく何度でも、無限に見続けることが可能です」という風な裏ワザ的なサイトをよく目に見かけます。

 

これに関して結論から言いますと、実際に無料期間を何度でも無限に受けることはできるが、やらない方が良いということです。

 

 

まず、無料期間をもう一度受ける裏ワザとは実際にどういった方法かと言いますと、Huluの登録・入会の際には名前、性別、年齢、メールアドレス、パスワード、支払い情報とたくさんの必要事項を記載したかと思います。

 

しかし、これらの情報の内、アカウントを識別する要素は2つのみとなります。

 

それは、メールアドレスと支払い情報です。(クレカの場合には、違うクレカを利用すれば良いだけです)

 

 

そのため、違うメールアドレスと支払い情報さえ用意できれば、一人の人間に対してアカウントを無限に作ることができ、無料期間ももう一度と言わず無限に利用することも可能なのです。

 

無料トライアルを二回以上何度も受ける裏ワザの条件

 

以前と違うメールアドレス

 

以前と違う支払い情報

裏ワザをやらない方が良い2つの理由

男性

 

しかし、なぜこれらをやらない方が良いかと言いますと、以下の2つの理由のためです。

 

常識、モラルの問題

 

まず1つ目に、少し考えればこのこと自体があまりよろしくないことだと、何となくわかるかと思います。

 

Huluのサービス自体、月額料金での有料サービスであり、無料期間というのはどう考えてもサブの特典サービスである。

 

 

「裏ワザ」といった具合に書かれている時点で、Hulu側がおすすめしている方法ではない。個人的に発見して紹介していることだと推測できます。

 

「赤信号みんなで渡れば恐くない」といった具合に、複数の人が行っているからとなんとなく良くないことをやるのは、人間的にどうかと思います!

 

仮に会社勤めで、自社のサービスを乱用されるというのは、あまり良い気持ちにならないかと思います。

 

 

規約違反に該当する

 

そして、2つ目の理由がとても重要で、実際に規約違反に該当しているということです。

 

法律違反、罰則、罰金といった前例がない限り、このことについてあまり重く感じないのも確かです。しかし、規約違反であると明記されている以上は、ケチケチ、ビクビクして利用するのも神経を削るかと思います。

 

 

実際に利用規約にこのように書かれていました。

 

無料トライアルは、Huluサービスの良さをご理解いただき、有料での加入を促すことを目的とした特典です。したがいまして、無料トライアルはお一人様につき1回を限度としてお楽しみいただきますようお願い申し上げます。万が一これに反するような行為があった場合、当社はそのようなお客様の無料トライアルの利用を拒否することがあり、場合によっては民事的または刑事的な法律上の対抗措置を行うこともあります。

 

Huluヘルプセンター

 

要点をまとめると、

 

  • 有料での加入を促すことを目的とした特典
  • 無料トライアルはお一人様につき1回限り
  • 規約に反した場合は、利用拒否もしくは法律上の措置が行われることもある

 

3番目に書いた内容が強烈ですね。アカウント停止、二度とHuluを利用できなくなる、最悪の場合には訴えられるということです。

正当法@ iTunes決済なら2回目を受けれる

親子

 

ここからは、裏ワザ的な規約違反の方法ではなく、正当法を紹介します。

 

まず、この裏ワザではない正当法を利用するのに、たった一つだけ条件があります。

 

それは、iTunes決済での支払いが可能であることです。

 

(iTunes決済ができる方とは、iPhone、iPad、Apple TVなどのApple製品をお持ちの方です!)

 

iTunes決済で登録した場合には、既存のアカウントから支払い方法を他の支払い方法に変更することができません!!これは逆もしかりで、既存のアカウントで他の支払い方法からiTunes決済へ変更することもできません。

 

では、どうやって支払いをiTunes決済絡みの支払い方法を変更するのかと言いますと、再度アカウントを作れば良いのです。

 

 

これは、Huluの支払い情報の変更手段におけるデメリットですが、逆に言えばアカウントを再度作り、再登録しても良いということを指します。

 

お問い合わせセンターへ電話で確認したところ、アカウントを再度作成する以外、iTunes決済絡みの支払い方法の変更はできないと言われました。

 

 

支払い方法が変えたくても変えれないというのは、少しサービスとしてどうかと思いますので、暗黙の了解で十中八九大丈夫かと思います。

 

規約違反に書かれている、”お一人様1回限り”という事項には触れていますが、常識的に支払い情報の変更ができないのはおかしいと思いますので、運営者側にバレても強く突っ込んでくることはないかと思います。(あくまで自己責任でお願いします)

 

 

用意するものは、違うメールアドレスと(iTunes決済の情報or他の支払い情報)です。

 

前回、iTunes決済で登録した方→Hulu登録ページより再度アカウント作成(他の支払い情報を入力)

 

前回、iTunes決済以外の支払い情報で登録した方→アプリ上より再度アカウント作成(iTunes決済の情報を入力)

正当法A 時期的なサービスによるもの

こちらは、もろにHuluの運営者側がおすすめとして提供しているサービスです。

 

U-NEXT(ユーネクスト)などではよくある話なのですが、たまにキャンペーンで「一度、無料期間を受けたことがある方でも、再度無料期間が受けられる」といったものがあります。

 

 

これは、有料会員を増やす手段として、時期的に行うキャンペーンで、これらの情報を見つけた方はラッキーでしょう!

 

運営者側も大歓迎で提供しているものなので、裏ワザ的なものではないけれど、この情報をキャッチした方のみ利用できる特別な特典と言えますね。

 

見つけたらすかさず利用するのが良いかと思います。以前に登録したメールに告知されることもあるかもしれません。

正当法B 家族や同居人を説得

こちらは、最も正当かつ誰でも行える方法です。裏ワザ的な要素は必要ありません。

 

せっかく”一人一回限り”の無料期間が設置されているのだから、これを利用すれば良いのです。

 

 

どういったことかと言いますと、家族、恋人、友人、同居人などに頼んで、新規登録をしてもらえれば問題ないということです。

 

”お一人様一回限り”ということなので、”人一人に対して誰でも1回利用する資格がある”という意味です。

 

 

ただし、必要事項の名前、生年月日、性別を変えるだけは意味がありません。

 

重要なのは、メールアドレスと支払い方法です。Huluの登録アカウントの識別は、この2つの情報のみで判断されていると思います。名前などを借りるのではなく、すべてパートナーの情報で登録してもらうのです。

 

同居人に「こんな無料のサービスがあるけど使ってみない?」と提案すれば良いのです。その後は一緒にその無料期間を使わせてもらえば良いのです。

 

 

重要なのは、金銭のトラブルにならないほどの信頼がある人に頼むことです。無料期間に解約するとしても、解約し忘れて料金が発生し、トラブルになったとならないようにしましょう。

 

無料期間の裏ワザではない正当法 まとめ

裏ワザ的に2回以上、何度でも特典を受ける方法がよく紹介されている

 

実際には、メールアドレスと支払い方法を変えれば可能である

 

しかし、それらの方法は利用規約に反してる

 

正当法で行った方が良く、以下の3つの方法がある

 

@iTunes決済絡みの支払いなら、アカウントの再登録が必須なので暗黙の了解である

 

Aキャンペーンなどで、再度無料トライアルを受けれるものもある

 

B一人一回なので、同居人にお願いすれば良い

 

 

まとめるとこのようになりました。

 

以上がHuluの無料期間の2回目を受ける裏ワザではに正当法の解説でした。

 

hulu

ボタン

トップへ戻る